読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

随分遠くまで

記録をつけたくなった時に

6学期

やりたいことが多すぎてパンクしそうだったので,ここに書いて何をするべきか少し整理したい.

  • 確率論

現状はRadon-Nikodymの定理を含めてLebesgue積分を終えたところで,いくつか確率測度の構成などを行ったが確率論の本論には入っていないという状態.関数空間もそれなりに頭に入ってきて,あとはFourier解析を勉強したらいよいよ本格的に取りかかれそうである.とりあえずの目標はBrown運動ということになるのだろうが,本来の動機は物理のBrown運動の確率積分を理解したいところにあった.そこまで辿り着けるのはいつになるのだろうか….

  • 量子測定
  • Ito-Sagawa
  • (Peskin)

 

  • 古典群

物理との接点ということで表現論的な勉強もしたいが,その前に位相群の単連結性などの基本的な性質の証明をきちんと辿りたいという話.

 

ここまでなら回らなくはないが,問題は講義や実験の負担がまだ全く考慮されていないことである.数学は積極的に切っていくべきだろうか…?